読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

del-cero-absolute

~ 絶 対 零 度 の 日 常 と 非 日 常 ~

「綺麗な文字ですね・・・。『綺麗な文字を書くとこは、終わりなきものである。』かな・・・」 (001)

実はアタシ・・・

褒められることに慣れていないので、

褒めていただくと嬉しいのですがどういう反応をしていいか解らないでいました(^^;

 

ある日の学校でクラスの方々から

「ちょっとSteven!めっちゃ字綺麗やな~」

「Stevenさん、字、めっちゃうまいですね!!」

先生方から、

「うわぁ~Stevenさん、字が綺麗だわ~見てて気持ちがいいわ」

「美しい文字を書かれますね。素敵です」

 

一昨日、ハローワークさんの方からも、

「いつも思っていたんですが、綺麗な文字ですよね」

「落ち着かれた綺麗な文字をかかれますね」

 

昨日、市役所でも、

「Stevenさん凄い達筆ですね!」

 

 

この四カ月(特にここ二ヵ月)アタシが書く文字を褒めていただくことが多く、

自分ではそんな自覚もなく普通に書いているつもりなんですが、

こうも言われてしまうと、褒められることに慣れていないのもあって、なんだか

お恥ずかしいです・・・。

 

アタシとしては自身の書く文字は好きですが、綺麗とあまり思っていなく、

もっと綺麗に書けたらな~とは思います。

お習字は一応小学一年生から高校まで習ってはいましたが、

その割には下手です(笑)

 

 

「お恥ずかしいです・・・ありがとう御座います」

 

これがアタシのいつもお返しする言葉。

嬉し恥ずかしではありますが、そうおっしゃっていただけることに感謝しています。

でもやっぱり、

ほんま、お恥ずかしいですーー(/ω\)

 

 
f:id:Zed_Ray-Tardrumz:20170401155013j:image

 

f:id:Zed_Ray-Tardrumz:20170326230943j:plain

 

因みに、先日のあの人への誕生日カードも手書きです。

封筒には筆でお名前を・・・

(流石に、これの写真はお見せできませんが・・・(笑))

誕生日メッセージや履歴書よりも、

 

封筒にあの人の名前を筆で書く時が最大級に緊張しました

 

心臓出そうになったもん・・・(^^;

あの方も文字がお綺麗なので余計に緊張しました(汗)

 

 

 

 

「綺麗な文字を書くことは、終わりなきものである。」

とアタシは思っています。

きっと、終わりがないんだろうなって思います。

ここまで来たら終わりがないものなだけに、文字自体として変化はなくても、

文字を書くという事に関しては、ずっと変化していくんだろうなって。

 

 

って先日の日記で達筆とおっしゃってくださる方が・・・

あわわわ・・・(@_@)なんとお恥ずかしや~ありがとう御座いますです(/ω\)

 

さて、今日も勉強しなければです!

ここ最近就職活動で、勉強に時間を作れなかったのでちょっとヤバい~~です!!

 

 

皆様も今日も一日が楽しい時間でありますように♪

お仕事の貴方様も、ファイトです、お疲れ様です♪

花粉症、どうぞお大事にです・・・。