読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

del-cero-absolute

~ 絶 対 零 度 の 日 常 と 非 日 常 ~

おはよう御座います。「左眼の分身が家出しました・・・(笑)」(001)

11月1日(火) おはよう御座います〜♪

 

11月になりました!

今日は曇り空ですがそないに寒くなく、

起きやすい朝でした。

 

今日はリハビリ。

月初とあってちょっと混み合っています。

さぁ今日もリハビリがんばるでぇ〜♪と気合を入れた矢先、

前を歩いていた方が急に立ち止まり、自分はそのままその方にぶつかってしまいました。

相手の方は、

「わぁ!スンマセン!!!大丈夫ですか?」

R:「はい、大丈夫ですよ、そちらも大丈夫でしたか?」

相手:「はい、全然大丈夫です。ほんまスンマセン・・・」

 

お互い何もなかったのでそのまま別れる。

 

落ちた書類を拾って、

あれれ????

 

 

あれれ???

 

 

左眼が見えにくい。

すかさず右眼を隠す。

 

ボヤけている。

 

こ、コンタクトレンズ落ちたぁーーーーー!( ゚Д゚)エェー!!

 

うそん!と言いたい(汗)

きっと、さっきぶつかった時に弾け飛んでしまったんやなぁ・・・。

 

自分は少し乱視があるので昔からハードレンズを主に使っています。

本当は、

付け心地が良くて落ちにくいソフトレンズの方が良かったのですが、

基本的にソフトレンズは乱視の矯正力は弱く、乱視用も出ているのですが、

どうも自分が納得する見え方にならなくて。

その点ハードレンズは乱視の矯正力がしっかりしているので、

一発で納得のいく見え方になりました。

 

ただ、

「ハードレンズ」は名前の通り素材が硬いもので出来ています。

その上、大きさも小さく、角膜(黒眼)のちょっと内側くらいの大きさなので、

エッジがもろに角膜の上に乗るため、違和感、痛みを感じる人も結構いらっしゃいます。

(角膜は神経剥き出しの部位なので触ると痛いです)

レンズ自体が小さめなので装用しやすいのですが、

外す時、つまんで取れないので結構、最初に難儀する方が多いです。

(慣れれば全く平気)

ですが先程も書いたように乱視の矯正力は、しっかりとしています。

ただ、素材の硬さ、大きさ等で先程の自分のようにぶつかったりの衝撃や眼をよく動かすと、

そんな頻繁ではありませんが落ちやすいのです。

なのでスポーツ選手や視線をよく動かすお仕事の方などには向いていません。

 

そして、

「ソフトレンズ」は同じく名前の通り柔らかい素材でできています。

大きさはハードレンズより大きく、

角膜のちょっと外側(白眼の上)にエッジが来るので装用感が良いのです。

(結膜(白眼)は神経むき出しではないので触っても痛くありません)

レンズ自体が大きい分、装用するのが若干大変ですが、

取るときは指先でつまめばいいので外しやすいです。

ソフトレンズは装用感は抜群にいいのですが、乱視の矯正力は弱いです。

乱視用もありますが、正乱視・不正乱視と乱視も様々矯正してもすっきりしない方も

いらっしゃいます。

こちらは柔らかく眼にピタッと乗るので、少々のことで外れにくいのが特徴です。

 

というコンタクトレンズの簡単な説明はここまでに(笑)

 

それですぐに、ぶつかった時を思い出し、落ちるであろう方向を考え

周辺を探したのですが、見つかりませんでした。

 

Dr.や看護師さんに一応このことを伝え、

「もし見つけたら、割れててもいいので捕獲しててください」とお願いしてきました(笑)

 

いや~コンタクト人生で落としたことはあっても必ず見つけていたし、

完全に落ちして見つからなかったのは、はじめてです・・・。

 

予備で使い捨てのコンタクトレンズ持っていた方がいいかもなぁ・・・。

 

 

そして今日はもうリハビリ終了です。

あと診察があるのでそれが終われば今日の通院終わり~♪

 

それでは皆様、

今日も元気いっぱい楽しい一日となりますように~♪

お仕事の貴方様、ファイトですよ♪