読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

del-cero-absolute

~ 絶 対 零 度 の 日 常 と 非 日 常 ~

「一枚の封筒がひらりと届く・・・そして、想いはまだ夢のお話」(002)

歯医者さんから帰ってきたら、

郵便ポストに一通の封筒が裏返って入っていた。

 

深く気に留めず、

何気に手に取り鞄の中に入れ、そのまま自室へ。

荷物を置き、手を洗いに行くために部屋を出る。

戻る際に珈琲が飲みたくなったので、

いつものようにハンドドリップで淹れる。

歯医者さんの帰りに買った、

アンデイコさんの『北海道 ホイップクリームワッフル』と一緒に珈琲ブレイク。

 

f:id:Zed_Ray-Tardrumz:20161027141359j:image

 

左手に珈琲カップを持ち、再び自室に戻る。

 

今日は歯医者さんが少し混んでいたので、

待ち時間が長く、少し疲れたが、

おかげで例の本をじっくり読むことが出来た。


f:id:Zed_Ray-Tardrumz:20161027133039j:image

 

デスクに珈琲カップを置き、椅子に腰かけて

歯医者さんでもらってきた資料とさっき受け取った封筒を鞄の中から取り出す。

 

珈琲を一口。

そして封筒を先に手に取り、表の宛名と送り主の名前を見る。

 

f:id:Zed_Ray-Tardrumz:20161027141635j:image

 

「・・・」

 

「あ!合否通知書や!!」

「あぁぁぁぁ~~来たぁ~来てしまったぁ~~~」

 

どうしよう。

いや、どうもせーへんし(笑)

 

開けるしかない。

「・・・ん?」

封筒を持つ手をじっと見る。

「・・・」

 

さぁ、開封しよう~!

ペーパーナイフを取り出し、一気に開封する。(-ω-)/シュパ! (←開封する音)

 

三つ折りにされた紙が数枚。

開いてみる・・・。

 

 

 

 選考結果通知書

 

           Steven-Rayz殿

 

上記の者を選考の結果、合格と決定いたしましたので通知いたします。

 

 

あ・・・

 

や、

やった、やったーー!!

やったぁぁぁぁ!!!!!

ヾ(≧▽≦)ノ

(」・ω・)」ヨォッ! (/・ω・)/オォリャァ!!

やったーーー!!!

 

合格しました!

やりました!

 

あぁ~ホッとしたぁ・・・。

いや、実はさっき封筒を持った時の手に伝わった厚みで、

「あ、合格だな・・・」と思ってしまったのですが・・・(汗)

(封筒に入ったお札とかも枚数解っちゃうです)

 

けれど、めっちゃうれしいです!!ヾ(≧▽≦)ノ

 

あぁぁぁほんまにホッとした。(何回言うねん(笑))

これで夢に向かってまた一歩進むことが出来ます。

 

応援してくださった皆様、本当にありがとう御座いました。

さぁしっかり勉強するぞ~♪

あぁ~楽しみだなぁ♪

 

もし合格しなかったら恥ずかしいので、

何を勉強するかお伝えしていませんでした。(^^;;

今回は、経理について勉強しに行きます。

以前にも書いたように、独学でやっていたのですが、

どうも行き詰まる所があり、「これはきちんと学んだほうがええわ」となりました。

 

来月から早速、授業が始まるので、

共に学ぶ文房具たちを買い揃えに行こう~♪

 

ふふふ・・・。

学校に通うという理由で新しく大好きな文房具を買うというのは内緒(笑)

 

さて、今回の学校は4カ月コースを選んだので3月まで通うことになる。

それが終われば、少し間をおいて、

その次はまた別の勉強をしたいので、その学校も受験します。

そのお話はまたその時になったら・・・

 

さぁ!夢に向かって突っ走るで~~♪

 

 

あぁ、この合格したのをあの人に伝えて、

「おめでとう」ってしてもらいたいです・・・。

あわよくば、ぎゅってしてもらいたい・・・(///ω///) キャァァァ

今はまだ夢のお話ですが(泣)

あぁ毎日あの人への想いがどんどん募っていくばかりです(´・ω・`)