読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

del-cero-absolute

~ 絶 対 零 度 の 日 常 と 非 日 常 ~

二十四節気と七十二候…霜降と霜始降・霎時施・楓蔦黄。(002)

Steven-Rayz流、

二十四節気 霜降 と、

七十二候 霜始降・霎時施・楓蔦黄のお話。

 

 

二十四節気 晩秋 霜降(そうこう)

二十四節気の第18番目、大体10月23日頃。

「少しずつ霜が降り始め、冬の訪れを感じるよ」という意味です。

 

秋が徐々に深まり、朝晩の冷え込みが厳しくなり、

日の入りが早くなったなぁ~実感します。

初霜の知らせも大体この頃で、山は紅葉の美しく彩られます。 

コートや暖房器具の準備など、この頃から冬支度を始めます。

せっかくなので、読書やお家でDVD鑑賞や音楽鑑賞などをしたりして、

秋の夜長を楽しみたいですね。

 

 

七十二候

初候 第五十二候 霜始降(しもはじめてふる)

 「そろそろ霜が降り始めるよー」という意味。

10月23日頃~10月27日頃までの期間にあたります。

 

「霜」は空気中の水蒸気が氷点下で冷えたもので出来る氷の結晶のことです。

朝早く畑に行くと白くなっているのを見たことがあると思います。

あれが「霜」です。

子供の頃よくバキバキ踏んで遊びました(笑)

農業や、花や植物の栽培には霜天敵です、痛めてしまわないように注意が必要です。

今のうちにしっかり「霜対策」してあげてください。

予想気温が3~5℃くらいからでも対策はしておく方がベターです。

 

 

 

次候 第五十三候 霎時施(こさめときどきふる)

 「パラパラと雨が降ったり止んだりするよー」という意味。

10月28日頃~11月1日頃までの期間にあたります。

 

この頃になるとゲリラ豪雨や梅雨時のしとしと雨とはまた違い、

パラパラとした雨が降るようになります。

「霎」何とも難しい漢字ですね。

読み方は「しぐれ」「こさめ」。

ひとしきりや、霎々(しょうしょう)、雨の音、風の音という意味があります。

この頃の雨は少し降っては晴れ間が見え、そしてまたパラパラと降るという

何とも秋らしい可愛い雨の降り方ですね。

この頃から一雨ごとに寒くなっていきます。

 

雨も人恋しくて、かまってほしいのかなって思う降り方ですね。

 

末候 第五十四候 楓蔦黄(もみじつたきばむ)

 「紅葉が黄色く色付き始めるよー」という意味。

11月2日頃~11月7日頃までの期間にあたります。

 

この頃になると「紅葉前線」がやってきます。

少しずつ色付き始めた紅葉は、3~4週間かけてあの美しい色に染まっていきます。

綺麗な紅葉になる条件は、

・十分な日差し

・適度な湿度

・お昼と夜の温度差が大きい

これらが揃うのがベストらしいです。

今年はどんな紅葉が観れるか楽しみですね。

 

 

 

そして、この頃の旬の食べ物と言えば・・・

鮭(さけ)・・・

「秋味」という言葉を聞かれたことはありますか?

あ、ビールの方じゃ無くですね、鮭の方ね。

秋になると産卵のための遡上してくる鮭の事を言います。

シンプルに焼いて食べたり、この季節はホイル焼きなんかも良いですね。

あと忘れてはいけない「筋子」。

醤油漬にしてアツアツのご飯の上にイクラをたっぷりのせて、

鮭の刺身をのせて「親子丼」にするのが最高です!

 

喉黒(のどぐろ)・・・

比較的浅い所に住む魚で、身体の色が綺麗な赤色が特徴。

脂がよくのっていて新鮮なものなら断然お刺身で!

塩焼きにしていただくのが最高に美味しいですね。

焼いても身がフワフワしている所が好きです♪

 

薩摩芋(さつまいも)・・・

ザ・食物繊維!ですが、実はこの薩摩芋さん、ビタミン・ミネラルが超豊富なんです。

鳴門金時・安納芋・黄金千貫など種類も今はたくさんあります。

焼いても・ふかしても・煮込んでも・加工してもどんな食べ方でも

美味しくいただけ、おかずにもデザートにもなる超マルチな方ですね。

 

林檎(りんご)・・・

りんごは大好きな果物ベスト3に入るくらい大好きです♪

「一日一個のりんごは医者いらず」という言葉が昔からあります。

そのくらいりんごには食物繊維カリウムペクチンポリフェノール

ビタミンは特に最強!

風邪をひいた時や食欲がない時は、すりおろしていただくと

口当たりも良いしビタミン等々補給できますのでおススメです。

 

しめじ・・・

もう~きのこ類大好きで~す♪

漢字で書くと「占地」。なんかイメージが固くなりますね(笑)

しめじも本しめじ・ぶなじめじをはじめ今は品種が増えてきています。

この「本しめじ」、昔は松茸以上に貴重な存在ではありましたが、

人工栽培が盛んになり手に入りやすい食材となりました。

このじめじくん、超万能で和洋中どの料理にも大活躍!

基本的に脇役的な存在ですが、彼がいることでお料理の引き立て役になっていることは

間違いありません。

炒め物・煮物・炊き込みと活躍の場も様々。

皆様はどの召し上がり方がお好きですか?

 

新蕎麦(しんそば)・・・

さぁ来ましたよ!「新蕎麦」の美味しい時期に突入!

お蕎麦大好きです!子供の頃は苦手で全く食べなかったのですが、

とても美味しいお蕎麦に出会ってそこから大好きになりました。

秋から春先にかけてはお蕎麦が一番おいしい時です。

収穫は稲と同じなんですね(*''ω''*)

10月頃から各地で新蕎麦のお祭りが行われます。

香りが最高にいい新蕎麦、皆様のゼヒご賞味を♪

アタシは蕎麦はまず、何もつけずに食べて、そのあとお塩でいただいて、

それから薬味を入れてないめんつゆでいただき、

最後に薬味を入れためんつゆでいただきます。

お蕎麦自体の味を楽しみたいので・・・(*''ω''*)

 

 

 

こんな感じの『霜降』そして

『霜始降』『霎時施』『楓蔦黄』のお話しでした。

 

普段とちょっと目線を変えて、周りを見て季節を感じてみてください。

きっと素敵な発見や出会いがありますよ♪

 

 

次回は、

二十四節気立冬』と

七十二候『山茶始開』・『地始凍』・『金盞香』です。

お楽しみに~~♪

 

 

前回の『寒露』のお話は

del-cero-absolute.hatenablog.com

 

秋分』のお話は

del-cero-absolute.hatenablog.com

 

『白露』のお話は

del-cero-absolute.hatenablog.com

 

処暑』のお話は

del-cero-absolute.hatenablog.com

 

立秋』のお話は

del-cero-absolute.hatenablog.com

 

大暑』のお話は

del-cero-absolute.hatenablog.com

 

小暑』お話は

del-cero-absolute.hatenablog.com

 

 

それではまたお会いいたしましょう~♪

(๑•̀◇•́)♪