読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

del-cero-absolute

~ 絶 対 零 度 の 日 常 と 非 日 常 ~

『合格or不合格、どちらが出るかの確率はある意味50%と思えば気分も楽なんだ』(002)

日常と非日常 夢に向かって 恋のお話

今日は以前からお話ししていた、

「ちょっと勉強したいことがある」

その学校へ入学するための試験と面接日でした。

 

先週、願書を提出。

本日、試験と面接。

来週、結果発表。

 

合否の結果は結果内容問わず全員郵送で送られてくるらしい。

 

久し振りの電車。

いつも乗る路線。

f:id:Zed_Ray-Tardrumz:20161020183242j:plain

 

そして初めて降りた駅。

乗り継ぎまでの通路が妙に閑散としていて

その雰囲気がちょっといい感じだった。

f:id:Zed_Ray-Tardrumz:20161020183328j:plain

 

集合時間の40分前には就く予定で出発するが、

何故かさらに10分早く到着。

人数が多いので時間を3つ分けての試験と面接になっていて、

アタシは2グループ目だった。

 

ちょっと思ったのが、こういう時に10分前に来るっていう感覚が

どうしても自分には理解できない。

変更事項とか、何かあったときどうするんだろう?

それに時間ギリギリにきて試験に集中できるんだろうか?

けど、大概こういう人は落ち着きがない。

そわそわ、キョロキョロしまくり。

 

本当は試験会場には1時間前到着で、

最寄り駅には事故等で遅れたりするといけないので、

そこから予定到着時間の15分早く到着するように考えていた。

試験会場に余分なスペースがないため、あまり早くに行けないと言う理由があり、

40分前に到着予定にした。

 

試験会場へ行くと一人だけ受験される方が座っていた。

受験票を受け取り席に着く。

 

10分後(30分前)。・・・誰も来ず。

20分後(20分前)。・・・一人来る。

30分後(10分前)。・・・パタぱたぱたと人が来だす。

35分後(  5分前)。・・・走りながら最後の一人が来る。

 

正直驚きました。

「えぇ!これってマジなのか?」と何度心で呟いたことか・・・。

遅刻をしてきた人がいないだけましか。と思うことに。

いや~これは本当に驚きでした。

正直偉そうなんですけれど、

「こういう人ってちゃんと仕事できはるんやろうか?自分やったら雇わんな」

という眼で見てしまう。

 

そして、筆記試験。

問題とアンケートがあったのですが、

え~っと、アンケートの方がめちゃむずかしかったです(笑)

時間が35分あったのですが、時間が足りなくて、

試験官の先生が「時間もうちょっと欲しい方いますか?」というと、

殆どの人が手を挙げていた(笑)

「具体的に何分くらい欲しいですか?

 この後の予定もあるのであまり沢山は無理ですが…」

「あと3分ほどいただけたら・・・」

アタシは思わず声に出して言ってしまった。

そしたら他の受験生も「3分!3分!」と言い出す(笑)

そこから時間をいただき、筆記試験終了。

 

そして面接。

受験番号順に一人一人呼びに来てくださる。

受験番号からいくと自分は最後だった。

 

最初の一人目。・・・5分で終了。

 

え?面接ってそんなに短いもんなん?Σ(・ω・ノ)ノ!

 

二人目。・・・またも5分で終了。

三人目。・・・10分で終了。

四人目からは10分ちょっとが続く。

面接が終われば終了し解散なので、試験会場に受験生は戻ってこない。

そう、部屋から減っていくのである。

一人、また一人と・・・

最初は人の気配もあり、会場はそれなりの温かい空気に包まれていた。

だが、一定の時間ごとに人は一人、また一人と減っていく。

人が減っていくたびに部屋の空気は少しずつヒンヤリとしていくようだった。

 

最初の人はいいですよ。何も知らないままで(笑)

最後ってみんなが出ていくのを見送って、

時間が経つにつれて徐々に人が減っていくのでなんか寂しい(笑)

こういう場合、変なプレッシャーに苛まれるのか、

余計緊張するんだろうけれど、

意外とアタシはそういうのんは全く平気で、

どちらかというと最後の方が、

気持ちを落ち着かせることが出来るからラッキー♪

と思う方です(笑)

 

緊張はしなかったけれど、なんか落ち着かない。

と言ってもソワソワするのでもないし、

どちらかというと「武者震い」に近い感じだった。

 

そうして自分の番が来た。

あれこれ考えても、面接のときはこういいましょう!みたいなのは

正直もうどうでもええわ。って思った。

自分の中で「なんかちゃう」(何かが違う)と思ったのです。

自分らしくいくのがいい。と思って、最低限のマナーはしっかりしつつ、

あとは超~自然体で臨みました。

どういう人柄かを拝見したいと事前におっしゃっていたので、

なら深く考えることはない。と・・・

 

「聞かれたことに素直に答えればいい」これが頭の中にあったので、

自分が言いたいと思ったことを、100%ではありませんが言えました。

それが吉と出るか凶と出るか。

 

『万全の準備していても失敗する時は失敗する。

 成功or失敗、どちらが出るかの確率はある意味50%』

 

今回はある方のこの言葉に色々と助けていただきました。

 

自分自身にちょっと何か引っかかったとき、

その引っ掛かりを取ってくださるように

ふわぁっ~。と、ささやき歌うように文字を奏でられる。

もちろん、自分宛ではないし、ちょっと思ったので発したのだと思うのですが、

自分にはその発した言葉が「文字を奏でている」様に感じるのです。

そしていつも妙にタイムリーで、自分はとても感謝しています。

 

話がそれちゃいましたね(^^;

 

自分の面接時間も、10分強でした。

ちょっと笑いもあり、楽しい面接でした♪

 

試験会場を後にし、トコトコ移動、結構歩いた。

途中、読売テレビ前を通り、

読売テレビさんも長いこときてないなぁ~」なんて思いながら、

周辺を散歩。

結構歩いて、最寄り駅でゆっくりと一息ついて珈琲が飲みたいと思ったのですが、

時間帯がお茶の時間と重なってどこもいっぱい・・・。

静かにゆっくりと珈琲を飲みたいので、ガヤガヤしていない所を探したのですが

見つからなかったので、

そのままおとなしく帰宅。

 

あぁ~こういうひと仕事終えた後の珈琲が最高に美味しいのに~~(ノД`)・゜・。

という本音で言い訳をしながら、ただ休憩したかった(笑)

 

試験結果が出るまで約一週間。

どうか合格していますように・・・(#^^#)

 

f:id:Zed_Ray-Tardrumz:20161020183400j:plain

 

今日も結構な暑さでした。

特にスーツを着ているから余計に・・・(汗)

そして、結構疲れました。

それなりに神経使ったんやな(笑)

めっちゃ眠たくなってきましたが、寝てなんていられません!

 

さて、帰って少し休憩したら、仕事開始~♪

 

 

やっぱり・・・

試験結果出るまで落ち着きませんわ(笑)

あぁぁ!こんな時、そばであの人に元気づけてほしいです・・・(´・ω・)