読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

del-cero-absolute

~ 絶 対 零 度 の 日 常 と 非 日 常 ~

おはよう御座います。「青空のもとで運動会。走るよりマイクを握っていた」(001)

おはよう御座います。

 

今日は綺麗なお青い空でまさに『秋晴れ』と言える日になりましたね。

窓を開けていると、風が心地よいです♪

 

ここ数日で色んな所に秋のはじまりを感じられるようになりました。

朝晩の涼しさ。

少しずつ色付く草木。

日差しのやわらぎ、そして落ち着いた空気感。

風のにおいも変わってきました。

そして、

美味しいものがたくさん登場する。

 

いやぁ~これからの季節、美味しいものがたくさんで、

あれもこれも食べたくなってしまいますね♪

 

そして秋と言えば・・・『運動会』

というアタシは運動は苦手なタイプなので、あまりいい思い出がないです(笑)

小学生の時は本当に運動音痴で走りも遅く、後ろから数えた方が早い順位でした(汗)

この頃は何が得意だったかなぁ・・・。

うーん・・・ないわ。(;´・ω・)

何をやってもできない子供で、運動という運動すべてが苦手でした。

鉄棒の逆上がりも、実は未だに一回も出来たことがありません。

ん?ちょっと待って・・・

あ!あった!ありました!得意やったっていうか出来たのん!

『横向きの跳び箱の開脚飛び』

これだけは得意でした。

縦向きの跳び箱の開脚飛び、縦横ともに閉脚飛び、台上前転はできなかったのですが、

横向きの跳び箱の開脚飛びだけはできました(笑)

当時8段か9段跳べていました。

中学生になったときは11段跳べてました。

これしかできなくて先生がとても不思議がっていたのを覚えています。

っていうか、縦のあの長い跳び箱がどうして飛べるのか!という方がアタシは

不思議でなりません(笑)

まぁ、そんなこんなで運動会は6年間とも楽しかったけれど、

1位取ったー!とかリレーの選手に選ばれたー!とかの輝かしい事はないまま終わる。

 

中学生になってコーラス部に入っていたんですが、

1年生の1学期の終わりに顧問の先生が突然

「発声練習するにも体力がいるから、今日から発声練習の前に学校周りを走る!」

と言い出し、もう正直「えぇぇぇ~~~('Д')」でした

ですがこれのおかげで、走るのがめっちゃ早くなったんです(笑)

1年生の時はリレーに出て優勝して、あぁ体育祭って楽しいと思えた瞬間でした(笑)

ですが、2年生と3年生の時はマイクを握ってほとんど過ごしていました。

アタシは放送部でも生徒会執行部でもなかったのですが、

2年生の体育祭、

たまたま用事があって本部に行ったら、次の競技の放送部の生徒がいなくて

時間も迫っていたのもあって、先生が・・・

「お!Steven!ええとこ来た!次の競技の放送やたってくれへんかな?」

R:「は、はい?じ、自分がですか?えっと放送部じゃないしやったことないです」

先:「台本はある。その通りに言えばいい、競技が始まったらその時の状況でしゃべれ」

R:「いや、え、あ、あぁぁ・・・その時のって・・・(汗)」

先:「時間がない!頼むわ」

と言いながら強制的に椅子に座らされていた(汗)

R:「と、とりあえず何かしゃべります。(これどうしろっていうねんな)・・・」

 

確かに1年生の時の体育祭で放送部の実況が

「Bぐみ、ぬかれましたぁ~がんばってください~~」

「Dぐみ、おいぬきましたぁ~がんばってください~」

こんなんばっかりで、アタシは放送をやったことないのですが、

「同じ言い回しばっかりやな(笑)もっとほかのこと言われへんのかな・・・

 それになんで棒読みなんやろ・・・?」と不思議だった。

 

そしてこの時の自分が発した実況、あまり覚えていないんですよ(汗)

はじめての経験で、緊張はしなかったのですが、

何分、訳が分からないまま始まったので、

「次のランナー、A組○○くん、野球部での日頃の走り込みがここで活かせるのか!」

みたいなことを発したのはかすかに覚えています(笑)

3年生になってからは、保健委員の関係で本部横に詰めていたんですが、

放送部の生徒が競技で怪我をして他の放送部員が捕まらなく、

そこでアタシの姿を見つけた先生が、

「Steven!お前去年ちょっとやったよな?ちょっと入ったってくれへんかな」

R:「ま、またですか!!」

先:「大勢の人前で緊張するのもわかるが、人がおらんし、たのむわ!」

R:「まぁ、別に人前でも緊張はしないのでいいのですが、そもそも放送部って

   何人いてるんですか?」

先:「5~6人ちゃうか? みんな、競技の準備でこれへんみたいや」

R:「あぁぁ人数の少ない文化部の辛いとこですよね(汗)

  (っていうかちゃんとメンバーシステム組んでないんか)・・・わかりました」

とまぁ、こんな感じでまさかの二年連続でピンチヒッターで

放送席をハイジャックしました(笑)

 

そして高校生になってしばらくたった頃。

元から人前に出て目立つことは苦手なタイプだったので、

昔から裏方でコツコツと実績を上げていたアタシ(笑)

まぁ、こういう「これ誰がやってるん?」とか

「誰がやったか気付いてもらえないような裏方な作業」が好きなのもあって・・・(^^;

中学生の時に密かな楽しみでやってた様々な裏方作業を、

ご丁寧にも当時の担任の先生が

内申書に事細かに書いていてくださったらしく、

それが生徒会顧問の先生の目に留まり、

1年生後期から生徒会執行部にご案内~♪になった訳です。(選挙はありましたよ)

そして、体育祭・文化祭・球技大会ありとあらゆる行事の放送は

生徒会が受け持ちます。

放送部はあったし、部員もいたのですが何故か彼らは「ローディー」化しており、

いつの頃からかそっちの作業に特化してて

何度も「ローディー部にかえたら?」と言ったのを覚えています(笑)

なので、いやでも行事でマイクを握らなければなりません。

執行部も競技に出るので、本部に詰めるメンバー調整をするのですが、

1年生の時、

役員3年生K平先輩が、

「Steven、俺、リレーに出るから当番頼む。」

役員2年生B木先輩が、

「Stevenちゃん、障害物出たいからお願い~♥」

役員3年生S部先輩が、

「Steven、総合騎馬戦と総合棒倒し選手になったから変わって?」

R:「はい・・・(^^; 皆さんがんばってください」

 

2年生の時、

役員同級生H元くん・T谷くんが、

「クラスの競技は俺らが代わりに出たるわ、Stevenはここをしっかり守ってや」

R:「あんたら、ここ(放送)やりたくないだけやなろ(笑)」

役員1年生T山さんが、

「Steven先輩~♪玉入れと100M走と50M走に選ばれてしまいました。

 午後からがちょっと無理そうです」

R:「了解~(*'ω'*)」

 

3年生の時、

役員同級生S部くん・A部くんが、

「Stevenー!総合騎馬戦と総合棒倒しと混合リレーでたい!」

R:「でたらええがな(笑)」

S部・A部:「いや、、、本部詰めが・・・」

R:「ええよ、やるから(笑)」

 

とまぁこんな感じ・・・(笑)

 

嬉しかったのは、来賓の方々も多く来られるのでそのお相手もあったので、

殆ど本部に詰めていなければならず、無理に競技に出なくてもよかった。

それにお茶やお菓子食べれたし・・・(^^;

アタシとしては、

走らなくてもいいなら、幾らでもマイクを持ちますし喋りますよ(笑)

なので、高校三年間の体育祭が一番楽しかったです(笑)

毎年体育祭が終わった後、声がガラガラでしたが

これもまたいい思い出です。

 

これだけ長く機材と触れていたのに全然詳しくなれなかったのが残念。

何かしようと思うと、あの「ローディー部」が、どこかで見てたんかという速さで

さささーーっとでてくるので何もできなかった(笑)

学校生活12年のうち、半分近くの体育祭が「マイクで実況」という

何ともおかしな思い出となりました(笑)

 

皆さんの運動会の思い出は、何でしょうか?

 

今日も遅くなってしまいましたがこの後の時間も、

楽しくお過ごしくださいませ~♪

 

さて、今日もあともう少しぱたぱたしてきます。

さぁ、いっちょ、行きますかー!