読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

del-cero-absolute

~ 絶 対 零 度 の 日 常 と 非 日 常 ~

アニメ「有頂天家族」をはじめて見る。(002)

 

17日の深夜に、

諏訪部さんが出演されているアニメ「有頂天家族」を初めて見た。

2013年のアニメだったんですね。

この頃は仕事柄テレビがほとんど見れなかったからなぁ。

 

f:id:Zed_Ray-Tardrumz:20160920152011j:plain

 

有頂天家族・・・

森見登美彦さんの小説で京都を舞台に、人に化けた狸と天狗が人間に紛れて暮らす

ハチャメチャ・破天荒・奇想天外、そして感動と涙ありのお話。

 

あらすじ・・・

千年の都・京都。ここでは古来より、人に化けた狸と天狗が、人間に紛れて暮らしていた。糺ノ森に住む狸の名門・下鴨家の父であり、狸界の頭領「偽右衛門」でもあった総一郎はある年の瀬、人間達に狸鍋にされ、帰らぬ狸となってしまった。遺された「下鴨四兄弟」の三男で「面白く生きる」がモットーの矢三郎は、天狗の赤玉先生の世話をしつつ弁天の美しさに魅かれ、夷川家の金閣銀閣と張り合うなど退屈する暇もない。長男・矢一郎は次期「偽右衛門」を目指す。しかし下鴨家は父を狸鍋にした金曜倶楽部に狙われる。父の死に秘められた真実が明らかになり、下鴨家の逆転劇が始まる。

 

 

一言。

「面白い!!」

 

矢一郎はいつもテンパっているし、

矢二郎は蛙だし、

矢三郎は 阿呆だし、

矢四郎はかわいいしで、

下鴨家の周りの人たちも個性的で素敵である。

 

 

なんていうんだろう、

もうハチャメチャぶりがとっても面白い。

森見登美彦作品なので、切り込み方が意外な方向から来るところが

結構好きですね。

それに7話と8話はめっちゃ感動します。

京都の雰囲気をちゃんと感じさせつつあの内容・・・。

しかしよくあの内容を映像化したなぁと思いました。

あと、絵が久米田康治さんなのもいいですね♪

(「行け!!南国アイスホッケー部」の連載読んでいましたが、

    まぁ、あそこまで連載中に大幅に絵柄が変わる人も珍しい(笑))

 

全話を見終わって、続きが見たいなぁと思っていたら、

なんと!翌日の18日(日)に

 

有頂天家族2」の制作発表が!!

 

やったぁ~~ヾ(≧▽≦)ノ

uchoten2-anime.com

 っていうか、すごい偶然です。

 

有頂天家族」のDVDが欲しいと思っていたのですが、

バラ売りで一巻ずつ買いそろえるかなと思っていたら、

なんと、BOXの販売もあるらしい!!

もうダブルで嬉しいです♪

 

原作も第3部が出るらしいので、

Amazonさんで注文だな♪

f:id:Zed_Ray-Tardrumz:20160920161816j:plain

(写真は第1部作品表紙)

 

 

有頂天家族2」今から楽しみです♪

ふふふ・・・諏訪部さんの声が聞けるのも楽しみだ~。