読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

del-cero-absolute

~ 絶 対 零 度 の 日 常 と 非 日 常 ~

「死ぬかと思った夏の思い出」(002)

日常と非日常 追憶 食材・調味料・材料 抜かったこと ちいさなやり取り

 

先月、いつも楽しく拝見させていただいている、

ルシュールクミオさんのブログを拝見していて

自分も子供の時、えらい目にあったことを思い出しました。

 

まず、この記事を書くきっかけになった、

色んなボードゲームを楽しく紹介していらっしゃる

ルシュールクミオさんの記事はこちら。。。

bg4kids.hatenablog.com

 

 

これはよくあるみたいですね。

友達の家でもよく聞きました(笑)

我が家は冷やしたお茶が出てこない家だったので

(お茶は熱いのんしか飲ませてもらえなかった)

これを経験したことがありません・・・(;´・ω・)。

冷やしたお水なら入っているんですが。

 

で、アタシの場合は「しょっぱい」ではなく「死にかけ」ました。

 

小学二年生の夏の夕方前、暑い日でした。

外から帰って来てものすごくのどが渇いていたので、

珍しく慌ててキッチンへ行き冷蔵庫を開ける。

「あ~のどかわいたぁ~~」

いつもなら2Lのボトルに入ったお水を出して、グラスに注いで飲むのですが、

その日は冷蔵庫の真ん中の段にグラスに入ったお水が入っていました。

「わ、お水入れてある!!」

そのグラスを大急ぎで手に取り一気に飲み干す。

「ふぅ・・・・・」

冷たいお水がのどを通り潤してくれた安堵に包まれたアタシは、

そのままソファーに座りホッと一息つく。

「ん?・・・なんか・・・胸が苦しいかな・・・?・・・・・」

「・・・・・」

夕方、母が仕事から帰宅して、ソファーで寝ているアタシを慌てて起こす。

「ちょっと!Steven!大丈夫!!」

自分で寝てしまっていたことに気が付いていなく、

なんかボーっとするし、暑いなぁと思って目を開ける。

R:「え?うん・・・なんかボーっとする・・・胸が重苦しい」

母:「あんた何飲んだん!お酒くさいやないの!!」

R:「へ?お酒なんか飲んでへんもん、さっき冷蔵庫のお水飲んだだけぇ・・・」

母は慌ててキッチンへ行き、お水の入っていたグラスを見る。

母:「あんたこれ!日本酒やないの!!!!なんでこんなん飲んだんな!」

R:「知らんもん・・・冷蔵庫にコップあってそのままはいっててんもん・・・」

母:「・・・それより顔が真っ赤やわ、気分は悪くないか?」

R:「うん・・・ちょっと暑くてボーっとするけど気分は悪くない、

   ちょっとふらふらする・・・胸が重苦しい」

母:「とにかくすぐに先生に来てもらうから」

そして、しばらくしてかかりつけの先生が来てくださった。

先:「急性アルコール中毒はおこしていないので大丈夫でしょう。気分が悪いなら

   吐いてしまった方がいいんですが?どうするSteven?」

R:「気分は悪くないです。ちょっとボーっとするです・・・胸が重苦しい・・・」

先:「わかりました。では常温のお水をゆっくりかけて

   出来るだけたくさん飲んでください。でお母さん、

   今回はまだ良かった方ですが、危険なので気を付けてくださいよ」

 

そうなのです。

お水と間違えて

「日本酒を一気飲みしてしまったのです!」

(*_ _) ガボーン・・・

 

先生と母から匂いで気付かなかったのかと聞かれたのですが、

なんせ、のどがカラッカラに乾いていたのと

あのグラスの入っている透明の液体は「お水」と思い込んでいたので・・・(汗)

本当に全く気が付かなかったのですよ。

(あほな子供や(笑))

 

で、その時のグラスはこれ

f:id:Zed_Ray-Tardrumz:20160916162141j:plain

もう家にそのグラスがないので、画像検索でお借りしてきました。

 

そして、なぜグラスに日本酒が入っていたのか?という謎が残りました。

ですがすぐに解決。

犯人は父でした。

 

会社が近くなのでお昼は家に戻って昼食を食べており、

その時に、仕事が終わったら飲もうとグラスに入れておいたそう。。。

 

父が帰宅して、いうまでもなく父は母にこっぴどく怒られていました。

日本酒は瓶ごと冷やしてあるから、夕食時にグラスに注げばいいのに

全くって意味のない無駄な行為だと思う。

 

そういう無駄な行為があまり好きではなかったので

当時めっちゃ父に対してイラってしたのを覚えてる(笑)

 

あの時、友達の家でお菓子やらケーキとかをたくさんいただいていたのが

良かったのかもって、あとから先生が言ってました。

空腹だったらぶっ倒れてたかもって・・・

今考えると怖いわ・・・

 

ほんま

死ぬかと思った小学二年生の夏の思い出・・・

 

皆様もお気を付けを・・・

(間違えるかーー(笑) )