読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

del-cero-absolute

~ 絶 対 零 度 の 日 常 と 非 日 常 ~

「ロジカル」 (003)

日常と非日常 閃き 追憶 ふと感じたこと
 「ロジカル」という言葉を眼にした。
その中のお話で「反抗期」の事が書かれていた。
 
自分にも似たような光景が浮かんできた。
一気に駆け巡って、頭の中が渋滞を起こしそうになったので、
書き出すことにした。
 
 
 
 
アタシは「反抗期」がなかった。
ん?なかったというより「我慢してた」に近いかも。
納得しないことがあって何か言うとまた言ってくる。
だから納得していなくても「はい」と一言いう。
ただそれだけ。
納得したフリに近いことをしていた。
こうすれば、「事」は大きくならないと思っていたから。
実際にそうだった。
 
バイクの免許もそうだった。うちには姉がいた。
バイクの免許を取った、そしてバイクも購入し、
数年後に交通事故をおこす。
その数年後、アタシもバイクが好きだったので、
バイクの免許をとりたいと言う。
全く論点の違う話をギャアギャアされて、
最後には「あんたまで事故されたら・・・」と。
 
確かに言いたいことは分かる。
バイクは車のように覆うものがなく生身なので、
車以上に危険ということも。
 
だけど、姉は姉、アタシはアタシだ。
「正直、一緒にして欲しくない」
事故や怪我を絶対しないということはない。
「絶対」ということはありえないから。
 
この時17歳。今までで一番悔しい思いをした。
あまり感情を出さない子供だったので、
両親が仕事に出て誰もいないときに
一人で凄く泣いた、そして早く大人になりたいと何度も思った。
早く家を出たいと・・・
 
誤解のないように言っておきますが、
両親の事は好きで尊敬してますので・・・
 
結局、バイクの免許は取に行かなかった、行けなかった。
 
 
 
 
 
今思えば、車の免許をとる為に教習所へ通っている時、
こそっと同時教習でバイクも取っておけばよかった。
教習所には親も来ることはないし、黙っておけば解らなかったんだ。
けど、何故か出来なかった。
 
自分で自分を「あほやな」と思う。
 
アタシはロジカルな考え方が苦手で、
どちらかというと感覚的に捉えるタイプなんだと思う。
たまにロジカルな考えを話すことがあるらしいが、
自分ではその感覚がない(笑)
そもそもそんなに自分は賢くないので
ロジカルな考えって出来ない。
 
なんだかよくわからない内容ではあるが、
自分の中で一気に駆け巡ったことが不完全燃焼しないように、
1割だけ頭に残して後は此処に記しておく(笑)
この残した1割はもう少し組み立てて
別の形にしてまたここで書こうと思う。
 
今回の事を書かれたあの方のお話しを是非聞いてみたい。
今の自分にはすごく起爆剤になる。
きっとこれからもずっと・・・
お話ししてみたいなぁ。
 
どうか叶いますように・・・(。•ᴗ•)