読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

del-cero-absolute

~ 絶 対 零 度 の 日 常 と 非 日 常 ~

2016.08.14(Sun) おはよう御座います。「お寺さん」(001)

日常と非日常 追憶 学ぶ ちいさなやり取り

おはよう御座います~♪

 

今週はラジオ体操もお盆でお休みみたいです。

静かな朝でした。

 

昨日はお寺さんが来られたり、

親戚も入れ代わりやって来て

大忙しでした。

今度お寺さんが来るのが週末なので、

楽しみです。

 

アタシ、お寺さんのお話をお聞きするのが

子供の頃から大好きなんですね。

なんていうか、とても落ち着くんです。

 

小さいとき(幼稚園の時くらいかな)に法事で、

お寺さんのお話しが終わったあと、

お寺さん:「では、なにかお聞きになりたいこと等あれば、、、」

R    :「お寺さん、お寺さん!」

お寺さん:「ん?どうした?」

R    :「あのね、お寺さん、坊主丸儲けってなんですか?」

この瞬間、両親始め叔父叔母達、凍りつく(笑)

叔父  :「こ、これRayzお前なんてこと聞くんや」

 R    :「??だってお寺さんなんでも聞いてええいわはったもん」

叔父  :「いや、そうやかてお前、、、」

お寺さん:「ははは(笑)構いませんよ」

叔父  :「しかし、おじゅっさん、、、」

お寺さん:「僕はなんでもきちんと教えるべきだと思てますし、全然失礼やありまへんよってに(笑)この年で良う聞いてきたと思いますよ。Rayzあのな、、、」

R    :「はい、、、」

お寺さん:「お話してあげたいけれど、いま、説明してもムズカシイと

      おもうからもう少し大きくなってからお話しましょう。

      それまで待てますか?」

R    :「はい!」

 

それから5~6年が経った頃の法事で、

お寺さん:「では、なにかお聞きになりたいこと等あれば、、、そうや、Rayz?」

R    :「は、はい、、、」

お寺さん:「貴女は覚えていますか?小さいときに、

      坊主丸儲けって何かって聞いてきたのん?」

R    :「はい、覚えています、、、」

お寺さん:「今日はあの時の返事をしましょう」

R    :「は、はい、、、」

お寺さん:「お寺さんはね、税金を払わなくてええんですよ(笑)今はここまで。

      もう少し大きくなったらいろいろと理由がわかります(笑)」

R    :「おぉーお寺さんは税金ないのか、、、(・o・)」

 

お寺さんと小さいときにこんな会話がありました。

叔父叔母達は当時、

ヒヤヒヤもんでしたでしょうね(笑)

 

なにせ物応じしない性格と

わからないことがあれば聞きなさいと

教えられてきたもので、、、f(^_^;)

 

お寺さんは良く誉めてくださっていたのを覚えています。

「知らないことを聞くのは恥ずかしいことではない、

教えを請う事は恥ずべき事ではない、

一番恥ずかしいのは、知ろうとしないこと。

知ったふりをしていること。

知らないことは聞かなければ知ることができない。」

いつも、いろんなお話をしてくださるし、

話すタイミングをちゃんと見てお話してくださるお寺さんが大好きです。

 

普通ならお寺さんは、自分の車か何かで来られるのですが、

アタシはお話が聞きたいので、

出来るときは送り迎えをし、

道中にお話を聞させていただいています。

 

しかし、なんぼ小さかったからといって、

お寺さん自身に

「坊主丸儲けってなに?」ってよく聞いたもんだ(笑)

怖いもの知らずなアタシ、、、(^_^;)

 

この年になっても未だに法事の時に、

このお話の話題が出てきます(笑)

叔父叔母も

「ほんま、あのときはびっくりしたわ(笑)」と、、、

 

 

 

 

さささ、今日も一日元気に参りましょうねー♪

水分補給、栄養補給をしっかりと!

あと、道路事情が普段と違いますので

お車での事故や故障にお気をつけてくださいね。

 

 

さーて、

今日も親戚が入れ代わり来るので

頑張るぞー!

お茶の用意してこようっと♪

 (ちと、急いで書いたから少し後で加筆するかも?)

 

 

 

 

 

~プチメモ~

「お寺さん」「おじゅっさん」は

お坊さん・ご住職のことです。

おじゅっさんは大阪だけなのかな?

結構通じない(笑)