読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

del-cero-absolute

~ 絶 対 零 度 の 日 常 と 非 日 常 ~

二十四節気と七十二候…小雪と虹蔵不見・朔風払葉・橘始黄 (003)

Steven-Rayz流、 二十四節気 小雪と、 七十二候 虹蔵不見・朔風払葉・橘始黄のお話。 二十四節気 初冬 小雪(しょうせつ) 二十四節気の第20番目、大体11月23日頃。 「雪がちらつき始め、北風の冷たさがはっきりして来るよ」と言う意味です。 北国や山間の地…

二十四節気と七十二候…立冬と山茶始開・地始凍・金盞香 (002)

Steven-Rayz流、 二十四節気 立冬と、 七十二候 山茶始開・地始凍・金盞香のお話。 二十四節気 初冬 立冬(りっとう) 二十四節気の第19番目、大体11月7日頃。 「冬の気配を感じて、そろそろ冬の季節風が吹くよ」と言う意味です。 暦の上ではこの日から「冬…

二十四節気と七十二候…霜降と霜始降・霎時施・楓蔦黄。(002)

Steven-Rayz流、 二十四節気 霜降 と、 七十二候 霜始降・霎時施・楓蔦黄のお話。 二十四節気 晩秋 霜降(そうこう) 二十四節気の第18番目、大体10月23日頃。 「少しずつ霜が降り始め、冬の訪れを感じるよ」という意味です。 秋が徐々に深まり、朝晩の冷え…

二十四節気と七十二候…寒露と鴻鴈来・菊花開・蟋蟀在戸。(002)

Steven-Rayz流、 二十四節気 寒露 と、 七十二候 鴻鴈来・菊花開・蟋蟀在戸のお話。 二十四節気 晩秋 寒露(かんろ) 二十四節気の第17番目、大体10月8日頃。 「晩夏から初秋にかけて明け方の野草に付く露が冷たくなるよ」という意味です。 日中の夏のような…

二十四節気と七十二候…秋分と雷乃収声・蟄虫培戸・水始涸。(002)

Steven-Rayz流 二十四節気、秋分と、 七十二候、雷乃収声・蟄虫培戸・水始涸のお話。 二十四節気 仲秋 秋分(しゅうぶん) 二十四節気の第16番目、大体9月22日頃。 「昼と夜の時間が大体同じでここからが秋のはじまり」という意味。 春分と同じで太陽が真東…

二十四節気と七十二候・・・白露と草露白・鶺鴒鳴・玄鳥去 (002)

Steven-Rayz流、 二十四節気 白露と 七十二候、草露白・鶺鴒鳴・玄鳥去のお話。 二十四節気 仲秋 白露(はくろ) 二十四節気の第15番目、大体9月7日頃。 「暑さも少しずつおさまり、草花には朝露がつくようになる」という意味 朝夕の涼しさの中に肌寒さも感…

二十四節気と七十二候・・・処暑と綿柎開・天地始粛・禾乃登。(002)

Steven-Rayz流、 二十四節気、処暑と、 七十二候、綿柎開・天地始粛・禾乃登のお話。 二十四節気 初秋 処暑(しょしょ) 二十四節気の第14番目、大体8月23日頃。 暑さが止むという意味です。 字の如く、暑さのピークは過ぎ、今度は台風シーズンの突入となり…

二十四節気と七十二候・・・立秋と涼風至・寒蝉鳴・蒙霧升降(002)

Steven-Rayz流 二十四節気、立秋と、 七十二候、涼風至・寒蝉鳴・蒙霧升降のお話し。 二十四節気 初秋 立秋(りっしゅう) 二十四節気の第13番目で、大体8月7日頃。 毎日こう暑いと想像できませんが、 暦の上では、秋のはじまりとなります。 立秋を境に残暑…

二十四節気と七十二候・・・大暑と桐始結花・土潤溽暑・大雨時行。(002)

Steven-Rayz流 二十四節気、大暑と、 七十二候、桐始結花・土潤溽暑・大雨時行のお話。 二十四節気 晩夏 大暑(たいしょ) 二十四節気の第12で大体7月23日頃から。 この頃に大体、梅雨が明けて、夏の土用もこの頃です。いよいよ本格的な夏の到来!!となりま…

記事の追記いたしました。(002)

昨日の二十節気と七十二候…小暑と温風至の記事、 追記、修正しました。 del-cero-absolute.hatenablog.com 蓮始開・鷹乃学習書くの忘れてたの。。(^^;

二十四節気と七十二候…小暑と温風至・蓮始開・鷹乃学習。(002)

二十四節気 小暑(しょうしょ)と、 七十二候 温風至(あつかぜいたる)・蓮始開(はすはじめてひらく)・ 鷹乃学習(たかすなわちわざをなす)のお話。 二十四節気 晩夏 小暑(しょうしょ) 二十四節気の第11番目で大体7月7日頃から。 解りやすく言うと、「…